時計本体のオーバーホール(分解掃除)、外装研摩仕上げ、外装部品交換、電池交換などの詳細や修理工程を説明しています。
純正メーカの部品を調達する事も可能で、時計メーカーに直接修理依頼をする事も出来ます。
ご相談はお問い合わせフォームよりお願い致します。

Basic example

オーバーホールについて

オーバーホールとは!?

オーバーホール(分解掃除)とは、ムーブメントを分解し、洗浄掃除や調整等を行い、再度組み立てて新品時の性能に近づける作業の事です。人間の健康診断や、車のメンテナンスと同じとお考えください。組立後も防水機能各種検査を行いベストコンディションを整えます。
機械式時計は部品と部品の摩耗が生じる箇所の油が劣化し、それによるダメージは確実にムーブメント内に蓄積されてしまいますので、調子が悪くなくても3~5年に1度オーバーホール(分解掃除)に出すことをお勧め致します。

オーバーホール画像

オーバーホールの主な工程

1.分解

お預かりした時計を分解して、内部機械の機能と精度を点検をし、不具合が起きている場所などを確認します。

2.部品清掃

分解した時計は専用の洗浄機を使って洗浄を行います。
薬品や超音波などを使い、普段は中々落とす事が出来ない細かい汚れなども洗浄します。

3.組み立て・注油

洗浄した部品を注油、必要な部品は交換し点検しながら組み立てます。

4.精度調整・確認

ムーブメントが組み上がったら、その動作を確認します。この際に動作の精度の調整なども行い、場合によっては再度分解し注油や部品交換などを行っていきます。

5.ケージング

ムーブメントの精度が確認できたら、文字盤やガラスケース、ベルトなどを組み合わせて元の時計の形に戻していきます。

6.テスト

全ての組み立てが終わったら、巻き上げテスト、精度テスト、防水テスト、磁気テストなどをを行います。このテストは時計の機能のランニングテスト(時間が正確に刻まれているか確認するためのテスト)も含まれますので時間を要します。

外装研摩仕上げについて

外装研摩仕上げとは!?

外装とは、時計のケースや文字盤などのことです。
外装研磨仕上げとは、何年も使用しいつの間にかついてしまった無数の傷や、当初の輝きを無くしてしまったケースやベルトを専用の機材を使って丁寧に磨き、時計を元々の状態に近づける加工作業です。
見た感じは新品に近いようになりますが、作業の工程や使用する工具などの違いにより未使用の状態に戻るものではありませんのでご了承ください。特に深い傷などは作業後も残る場合があります。金製品やプラスチック、セラミック等の材質や、ケース形状によっては研磨作業が出来ない場合がありますのでご了承ください。

外装部品交換について

外装部品交換とは!?

外装部品(りゅうず・ボタン、ガラス、文字盤、針など)についての修理は基本的に交換になります。

外装部品交換画像

様々な外装部品交換

りゅうず・ボタン交換

りゅうずは基本的に文字板の3時の位置の時計側面に配置されている時計部品の一つです。抜け、折れ、錆びつきで回らない、磨耗で回らないなどの症状の場合に交換します。又クロノグラフ使用や複数のボタン等についても交換可能な場合もありますのでご相談ください。

ガラス交換

ガラスケース部分の破損やカケ・ヒビ割れなどを交換します。同素材の新しい物との交換を行っていますが、メーカー純正ガラスとの交換も可能です。
一部特殊な形状のレンズ、プラスチック素材、アンティーク時計のガラスケース等は応相談になります。

文字盤交換

文字盤の変色、退色、傷、塗装の剥離などの症状の場合、メーカーに同じものがあれば交換致します。
同じものが無く交換が不可能な場合は、再塗装などの加工も可能ですが、文字盤の状態、構造、色などによっては、再加工できないものもありますので、あらかじめご了承ください。

針交換

針が外れた場合は、裏蓋を開いてムーブメントを抜き出し針を付け直す事が可能です。曲がった針や折れた針は交換になります。

インデックス取り付け

インデックス(文字盤の数字の部分)外れを再取り付け加工致します。蛍光付きは出来ない場合もありますのでご了承ください。

電池交換について

電池交換とは!?

電池はおおよそ2~3年で残量がなくなります。電池が切れたまま放置していると液漏れが発生し、内部機械不良をおこす場合もありますので、早めの交換が必要です。電池交換と合わせて防水テストを行い、パッキンの交換も行います。

電池交換画像

電池交換工程

電池交換

電池の種類はだいたい3種類(水銀電池、酸化銀電池、、リチウム電池)あり、その時計にあった電池を交換します。

防水テスト

電池交換等で裏ぶたを開閉すると、当初の防水性を維持できなくなる場合がありますので、防水試験機を使い防水性能の試験を行います。

パッキン交換

パッキンは防水性能を保つために重要な部品です。
パッキンが劣化すると時計の防水性能が保てなくなり、内部に湿気や水分、汚れが侵入しますので新しいものに交換します。 時計の形状や生産年によっては交換できないものもありますのでご了承ください。

2016 nagano inc.